• 会社説明会の作法

    度々面接の際のアドバイスに「自分だけの言葉で話しなさい。」といった内容の言葉を見かけます。それなのに、誰かの書いたものではなく、自分の言葉で語るということの言わんとするところがつかめないのです。 いわゆる職安では、雇用に関する情報や経営に関連した社会制度などの情報があり、ついこの頃にはなんとかデータの扱い方も進展してきたように思っています。 会社説明会というものから参入して筆記考査や度々の面接やコマを進めていきますが、または様々な企業でのインターンシップやOBを訪問したり、採用担当者との懇談などの作戦もあります。 面接試験は盛りだくさんの進め方が取り入れられている。ここから、個人面接とか集団面接、合わせて最近増えているグループ討論などを核にして説明がされているので参考にしていただきたい。 バイトや派遣の仕事を通して形成した「職歴」を携行してあちこちの会社に面接をいっぱい受けに行くべきでしょう。最終的には就職も気まぐれの要因が強いので面接をたくさん受けることです。 会社の命令に疑問を持ったからすぐに辞める。端的に言えばこうした考慮方法を持つ人に向かって、採用担当者は疑いを感じているのです。 せっかく就職はしたけれど、とってくれた企業について「こんな職場のはずではなかった」、「やりたい仕事じゃない」とか「やっぱり辞めたい」そんなことを思う人なんか、いつでもどこにでもいるのです。 「氷河時代」と初めて銘打たれた年代で、マスコミが報道する話題や社会のムードに押されるままに「就職がある分めったにない」なんて仕事をあまり考えず決めてしまった。 「飾らないで腹を割って話せば、仕事を変えることを決意した最大の理由は年収の為なんです。」こんなエピソードも耳にします。ある会社(外資系IT企業)の営業関係の30代男性社員の実話です。 企業選択の展望は2つあり、ある面ではその会社のどこに興味があるのか、2つ目は、自分が仕事をする上で、どんなメリットを勝ち取りたいと覚えたのかという点です。 公共のハローワークの求人紹介を頼んだ人が、該当の会社に勤務が決まると、年齢などの様々な条件によって、そこの会社より職安に向けて推薦料が払われていると聞く。 仕事で何かを話す席で、少し観念的な感じで「何を感じたのか」という事のみではなく、なおかつ具体的な例を加えて言うようにしたらよいと思われます。 「就職氷河期」と最初に呼びならわされた時期の年代で、マスコミが報道する内容や社会の動向に押し流されるままに「就職口があるだけ願ったり叶ったりだ」などと就職口を決意してしまった。 社会人になっていても、正確な敬語を使えている人が多いわけではありません。ほとんどの場合、社会人なのであればただの恥ですむところが、面接の現場では致命的(不合格を決定づける)になってしまう。 アルバイト・派遣等の仕事で成し遂げた「職歴」を掲げて多様な企業に面接を山ほど受けに行くべきです。つまるところ就職も出会いの側面が強いので面接を多数受けることです。
  • 就活のための基礎知識

    私自身を磨きたい。今の自分よりも自分の力を伸ばすことができる場所で就職したいという望みをよく聞きます。キャリア・アップできていないと感じたときに、転職を考える方が多くいるのです。 一般的に日本企業で体育会系といわれる人材が高い評価を受ける理由は敬語がちゃんと話せるためなのです。体育会系といわれる部活動の世界では、常に先輩後輩の関係がしっかりとしているため、誰でも敬語を身につけることができるのです。 自己判断をするような時の要注意の点は、具体性のない表現を使わないようにすることです。言いたい事が具体的に伝わらない表現では、数多くを選定している人事担当者を納得させることはなかなか難しいのです。 【就活のための基礎】面接というものには完璧な答えがないわけでいったいどこが良くてどこが悪かったのかという合否の判断の基準は会社独特で、それどころか同じ会社でも担当者によって違うのが現状なのである。 まさしく知らない電話番号や通知なしで電話された場合不安になってしまう思いは理解できますが、ぐっと抑えて先んじて自分の方から名乗るべきでしょう。 役に立つ実際に働いた経験を持っている。それなら、いわゆる職業紹介会社でもそれなりの利用価値はあります。どうしてかといえば人材紹介会社などによって人を探している企業は、確実に経験豊富な人材を希望しているのです。 まさに不明の番号や通知のない番号から着信があったりすると不安を感じる胸中はわかりますが、なんとか我慢してまず始めに自らの名前を名乗るべきものです。 最初の会社説明会から参画して筆記によるテストや個人面談と勝ち進んでいきますが、または実習生として働くインターンシップやOB、OG訪問、リクルーター面接といった対応方法もあります。 どんな苦境に至っても大事な点はあなた自信を信じる信念です。必然的に内定を受けられると信念を持って、その人らしい一生を生き生きと踏み出すべきです。 いわゆる自己分析を試みる際の意識しなければならない点は、具体的でない表現を使わないようにすることです。曖昧な世迷いごとでは採用担当の人を同意させることは困難だといえます。 なるべく早く経験豊富な人材を増強したいと予定している企業は、内定してから回答までの期限を短い間に制約を設けているのが多数派です。 【就職活動のために】内々定⇒新卒者に関する選考等での企業と企業の倫理憲章に、正式な内定を連絡するのはどんなに早くても10月1日以降にしようと規定されているので、仕方なく内々定というかたちにしている。 就職したのに、採用してくれた企業について「こんな職場のはずではなかった」や「こんな会社すぐにでも辞めたい」そんなことまで考えてしまう人は、腐るほどいるのです。 なかには大学卒業時に新卒からいわゆる外資系企業への就職を目指す人もいないわけではないが、やっぱり現実的にほとんどは日本国内の企業に勤務して経験を積んでから30歳あたりになってから外資に転職というケースがよく知られています。 【用語】内々定について。新卒者に対する選考等での企業間の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定するのはどんなに早くても10月1日以降であると厳格に定められているため、やむを得ず内々定というかたちにしているのである。
  • 就職・転職の前にやるべきこと

    「筆記するものを携行するように。」と記述されていれば筆記テストの確率が高いし、よくある「懇談会」と記されていれば集団討論がなされる場合があります。 【退職の前に】離職するまでの気持ちはないけれど、できればうまい具合に今よりも月収を増やしたいような場合なのであるなら、まずは資格取得に挑戦するのも一つの手段なのかもしれないと思う。 【就職活動のために】例えば、事務とは無関係な運送業などの面接試験のときに難関の簿記1級の資格所持者であることを伝えても評価されないのだが、事務職の人のときであれば、即戦力の持ち主として評価してもらえる。 その担当者が自分のそこでの言葉を誤解なく理解してくれているかどうかについて確認しながら、十分な「対話」のように対応可能になれば、きっと道も開けてくるのではないのでしょうか。 評判になった「超氷河期」と一番初めに呼ばれた年代で、世間で報じられている事や社会の風潮に引きずられるままに「仕事ができるだけチャンスだ」などと働き口をあまり考えず決めてしまった。 【応募の前に】大事なことは?⇒あなたが就職先を選択するときぜひあなたの欲望に忠実に選ぶことである。間違っても「自分を就職先に合わせなければ」なんてふうに考えてはいけないのである。 面接の場面で緊張せずに試験を受ける。これを実現するにはたくさんの経験が不可欠だ。とはいえ、実際に面接の場数をそんなに踏めていないと一般的に緊張する。 【トラブル防止のために】第一希望の会社からでないから、と内々定の返事で困る必要はまったくない。就活がすべて終わってから、見事内々定の出た応募先企業の中からじっくりと選びましょう。 就職する企業を選ぶ展望は2つあり、1つ目はその企業の何に引き寄せられるのか、もう一つの面では、自分が仕事をする上で、どのような効果を獲得したいと覚えたのかという点です。 何と言っても日本の優れた技術のほとんどのものが大企業ではなく、中小企業のありふれた町工場で生まれているし、予想よりも給与や福利厚生の面もしっかりしているなど、今まさに順調な経営の企業だってあるのだ。 実は、就活をしているときには、自己分析ということを経験しておくといいと思いますと人材紹介会社で指導されて分析してみた。しかし、本当のところまったく役に立たなかった。 就職したい会社が本当にそのうちに正社員として登用してくれる職場なのか違うのか確認したうえで、登用の可能性があると感じるならとりあえずアルバイト、派遣などからでも働いてみて、正社員を目指すのだ。 【就職活動の知識】面接選考では不採用になったとしても自分のどこが評価されなかったのかについて応募者に指導してくれる親切な会社はまずない。だから自分自身で改善するべき点を確認するという作業は非常に難しい。 「私が今に至るまで積み重ねてきた腕前や特殊性を踏まえてこの仕事を欲している」という風に自分と結びつけて、とうとう担当の人に合理的に響くのです。 【就活Q&A】内々定⇒新規学卒者に関する選考等の企業間の倫理憲章に、正式に内定するのは10月1日以降にするべしと厳格に規定されているので、やむを得ず内々定という形式をとっているものなのです。
  • 就職活動のポイントと知っておくべきこと

    仕事上のことを話す間、少し曖昧な感じで「どういったような事を感じたか」ということにとどまらず、その他に実例を取り入れて話すことをしてみたらいいと思います。 近い将来も上昇が続くような業界に就職したいのならその業界が真に上昇している業界なのか、急激な展開に対処した経営が成立するのかどうかを見定めることが肝心な点でしょう。 【知っておきたい】絶対にこんなことがしたいという明確なものもないし、あれもこれもと悩んだ末に、挙句実際のところ何がしたいのか企業に整理できず伝えられないということではいけない。 別の会社に就職していた者が仕事に就きたいならば派遣の仕事でもアルバイトでもいいので「経歴」を積み上げて、中堅企業をターゲットとして面談を行うというのが全体的な逃げ道なのです。 伸び盛りの成長企業と言ったって、間違いなく今後も問題が起こらない。そんなことはありません。就職の際にそこのところはしっかり情報収集するべきだろう。 現在は希望する会社ではないと言われるかもしれませんが、要求人のそことは別の会社と比較してみて僅かでも興味をひかれる点はどんな点なのかを検討してみましょう。 実際は就活をしていてこちら側から応募希望の企業に電話をかけなければならないことはほとんどなくて、応募先の会社の採用担当者がかけてくる電話を取る場面のほうが多いでしょう。 「自らが好きな事ならどんなに辛酸をなめても我慢できる」とか「自分自身を伸ばすために振り切って大変な仕事を指名する」というような事例は、頻繁に耳にします。 【応募する人のために】第二新卒⇒「一度は就職したもののすぐに(3年以内)離職した若者(一般的には25歳程度まで)」を表す名称。きっと最近は早期に退職してしまう若年者が急激に増加傾向にあることから、このような表現が生まれたのでしょう。 【知っておきたい】選考の一つの方法として応募者によるグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を選択している企業は増えています。これによって面接とは違った面から性格などを知っておきたいというのが目的だろう。 誰でも就職試験が続いているうちに、非常に納得いかないけれども不採用になる場合があると、活動を始めた頃のモチベーションがあれよあれよとダメになっていくことは、どんな人にでもよくあることです。 その担当者が自分のそこでの言葉を理解できているのかそうではないのかということを観察しながら、的確な「会話」が自然にできるくらいになれば、合格への道も開けてくるのではないのでしょうか。 【就職活動のポイント】面接のときにはきっと転職の理由を質問される。「どんな理由で辞めたのか?」ということはどんな会社も非常に気になる問題です。ですから転職理由については十分に整理しておくことが必要。 面接を経験していく間に刻々と視野が広くなってくるため、基軸がなんだかわからなくなってしまうという意見はしきりに人々が感じることです。 【応募する人のために】大事な考え方として、会社を選ぶときに必ず自分の欲望に忠実になって選ぶことであって、どんなことがあっても「自分のほうを応募先に合わせよう」なんて愚かなことを思ってはダメだ。